アラフォー独身女の雑記

東京の西側に住むアラフォー独身女の雑記です

自閉症スペクトラム・軽度知的障がい・知的ボーダー

妹の3人いるうちの真ん中の子が

今年の春小学校1年生になる

 

5歳の頃自閉症スペクトラム・軽度知的障がい・知的ボーダーと判明し

なかなか学習出来る良いところが見つからなかったり

診断まで半年待ちだったりで

かなり妹は奔走していたのは知っていて

 

就学時診断までどこまで変われるか

妹も勿論

姪ちゃんも勿論

頑張ったんだと思う

ギリギリだった

 

 

 

やれる事は、やる

妹はいつもそう言ってた

 

 

仕事も好きだし

子どもの事も頑張りたい

 

ほんとに私の妹なのかってくらいにしっかりしてて尊敬する

 

 

小学校に上がる前の

最後の検査があって

I.Qが60から85に上がって

普通学級に行けそうと妹から報告があった

諦めないで良かったーと嬉しそうで

わたしも嬉しくてじわり

 

 

2年生のお姉ちゃんと口喧嘩が出来ること

それだって充分な成長で

お正月かるた遊びをしたけど

負けて泣いて不貞腐れるところとか

びっくりした

 

 

 

 

 

 

そんな些細な事で成長を感じる

 

 

 

不貞腐れちゃったら

みんなと遊んで貰えないよー

って

ねえ

 

負けて悔しいと思う感情とか

ねえ

ねえ

なんて成長してるんだろ

 

 

 

投薬治療を先生から勧められて

その効果も大きかったんだろうか

 

先生も根気よく

姪ちゃんに合った方法を考えて

保育園の先生たちも

姪ちゃんの為に

良い学校を探してくれたりしてた

 

 

 

 

 

周りを巻き込んで

愛されてるなーって

周りに妹は感謝してたけど

あなたが何かしたくなる存在なんだよ

って思う

いつも

 

 

 

 

妹も仕事で昇格掛かってるから

これで仕事にも少し集中出来るかも…

 

言ってたけど

 

 

 

 

ほんと頑張り屋さん

そんな妹を誰が労わるんだろ

まあ旦那さんも居るけど

妹に尽くしたくなるバカ姉

 

 

 

妹とか妹の子ども達に支えられてるのは

わたしの方だけど

 

 

頑張って、良かった

 

 

普通学級に入って

ダメならまたそれで考えたらいいし

 

子どもの可能性って物凄いなと思った

ちょっと諦めてたもの

 

例え普通学級に行かなくとも

姪ちゃんは姪ちゃんだよって

いつも妹には言ってた

 

 

良かった( ;  ; )