アラフォー独身女の雑記

東京の西側に住むアラフォー独身女の雑記です

初めからどーでも良かったのかも

 

好きでもなんでもないのに

ただその時たまたま興味を持たれて関わって

必要とされたいだけで

全く好きでもなんでもない

 

興味は湧いた

 

そもそも

なんだろう

本能的に求めている人なら

セックスをして分かるものではなくて

キスをするだけで分かったりするもので

目を見て分かるもので

 

 

 

もうここまでの関わりで終わりです

 

 

って

ハッキリ分かっているのに

これ以上関わっても無意味だなあ

接点がない

交わる線がない

 

いつの頃か

人との関わりが

そんな風になってしまって…

それでいいのかもしれない

これ以上関わると

自分が傷つくとか

防衛本能が働いてるのかもしれない

 

 

女として

 

雌として

 

可能性が低い人と

高い人と嗅ぎ分けができてしまっているような

 

 

 

 

それは物凄く哀しい

 

人と人との関わりって

時間がもったいないとか

お金がもったいないとか

そーゆーんじゃなくて

もっとゆったり関われる物だと思っていた筈なのに

 

 

年齢のせいなのか

 

 

 

もうこの人とはここまでの関わりで終わりです

 

 

って線引きが

パッキリ分かれるようになってしまってる気がする

 

 

 

そんなもんなんだろーか

そんなもんなんだろーか

 

向こうもきっと

どーでもいいと思っているかも知れない

それならそれでいい

 

お互い惹かれ合うのって

ほんと奇跡だな