アラフォー独身女の雑記

東京の西側に住むアラフォー独身女の雑記です

悪しき存在

 

出会い系サイトで日記や呟きをしてた時

イイネが出来る機能がある

フォロー

フォロワー機能もある

 

ミクシとかそういったのと同じ

 

 

 

 

イイネをする事で

アプローチしてると思ってるのは

大体サイトに何十年も属してる

寂しいおじさんで

毎日毎日暇なのか

日記を読んでるのか読んでないのかわからないけど

兎も角

新しい日記

新しい呟きをすると

全てにイイネをする

 

 

 

 

 

全てに

 

 

 

 

 

 

例えば

今日そのおっさんが私の存在に気づいたとする

すると

過去日記に遡り

全てにイイネをする

 

 

 

 

 

 

 

ハッキリ言って

怖い

 

 

 

 

 

 

って言うと

好意でやってるのに!

仲良くなりたい

俺の日記見にきてよ

 

 

 

 

って

 

 

 

他人の書いたもの

一般人の出会い系サイトの日記で

面白いと思えるものは殆どない

面白いと思えるものは

ブログの公の場で書くべきだ

 

 

 

 

 

 

恐ろしい事に

おっさん達のコミュニティは

仲間同志でイイネをし合う

挨拶代りのようなものらしいのだ

 

 

 

 

 

 

全てにイイネしてたら

どれが本当に面白いと感じてもらえたのか分からない

まあ書く事で生業立ててる訳でもないし

いんだけどさ

 

 

 

精度が低いものを量産してるのに

拍車掛けるだけなんじゃないのか

思う訳で

 

 

 

 

サイトとかだと

そういう存在はブロック出来るからいいのだけど

ブログはそうはいかない

 

 

読者とか要らないんだよなあ

 

だったら

画面から抜け出して

会いたいってならないと

 

 

 

 

文章は読み手が100人いたら

100通りの解釈があって

俺の思った通りに受け取られているかは分からない

 

 

過去書いたものだって

今と同じ気持ちかどうかも分からない

 

それらにイイネされたとこで

あの時の感覚はもう過去のものだ

 

 

 

 

仲間内でキャッキャやってるのは

なんか違うなといつも思う

 

 

普段関わらないような人に響かなければ