独身女の雑記

東京の西側に住む独身女の雑記です

ジャンバラヤ

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ジャンバラヤ

 

 

ジャンバラヤ

何処かの国の料理なんだろーなあ

妹が誕生日に

無印良品

一人暮らしに持ってこいなペーストやらルーやら

詰め合わせでくれた

その中に

ジャンバラヤが あった

 

 

 

中学時代

塾の先生に恋をしていた

髪が長くてバンドもやっていた

LUNA SEAも先生の影響で聴き始めたし

先生がライブで録音したカセットテープを貰えた時は嬉しくて

でも先生の上手いとは言えない歌を聴いて

照れるようなよくわからない気持ちになった

 

 

先生は自分の気持ちに気づいていたけど

塾の先生という立場もあるし

何より私はブサイクだった

化粧もしてない

田舎の中学生

 

 

無事志望校に合格して

それから暫く年月が経過して

高校生になったある日

どうやって調べたのか

先生と連絡先を交換して

会える事になった

 

携帯を持ってたから

大学生の頃かもしれない

 

 

その頃は化粧を少し覚えて

久々に会う先生は

どんな反応かドキドキしていた

 

 

 

 

 

車で迎えに来てくれて

助手席に乗り込んで

直ぐ化粧に気づいてくれた

 

 

 

 

あれ?

化粧してる?

 

 

 

え…

うん!

 

 

 

 

 

 

そっかー

化粧してない方がよかったなあ〜

 

 

 

 

 

 

…え…

女は化粧してたほうがいいんじゃないの?

え…

 

 

 

 

 

 

 

顔面蒼白

結構ショックだった

なんかもう恥ずかしくて帰りたい

 

 

 

 

どこ行こうかー

何か食べにいく?

 

 

 

 

 

 

 

先生には好きな人がいて

お付き合いしてる人

でもなんだか上手くいってないようだった

先生はその当時

37歳だったと思う

 

 

 

何か食べよう

向かった先はデニーズだった

 

男の人との食事は緊張して

向かい合って食べれなかった

それは今でも変わらない

初対面はカウンターを指定する

 

何を食べたいか分からず

メニューに

 

 

 

ジャンバラヤ

とあって

先生はそれを頼むと言って

同じものにした

 

 

 

チャーハンみたいで

食べやすそうだった

 

 

 

 

 

ジャンバラヤが運ばれてきて

スパイシーな味で

嫌いな味ではなかった

でも緊張で半分以上残してしまった

いつもならこんな事はないのに

 

 

 

 

 

 

 

あれー

もう食べないの?

俺残すコ嫌いだなー

 

 

 

 

 

 

 

 

ズキリと刺さった

今日二回

拒否されることを言われた

だってね先生

いつもならこんなのペロリなんだよ

でもね

食べられないの

自分でもなんでか分かんないんだよ

 

 

 

 

せっかく二人きりで

初めて会えたのに

あまりいい印象を残せず

バイバイした

 

 

 

 

 

それからメールをしたりしたけど

二度と会う事はなかった

 

 

 

 

 

 

ジャンバラヤ

どんな味だったっけなあ

まさか38の誕生日に

また巡り会うとは思ってもなかった

 

無印良品で見かけてはいたけど

買ってはなかった

 

 

記憶と合致する味かな

覚えてるかな自分

 

 

 

 

 

 

なんて

ピザポテトをパクつきながら

書いてる

独身38歳のゴールデンウィーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安心してください

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000068-mai-soci

 

 


安心してください。出会い系サイトにはお金があってのぼせてる男の人なんて幾らでもいますから。若い子しか相手に出来ない男の人は精神的に未熟なんだと思う。成熟してたら同世代の女の人と関われる筈。若い子しか相手出来ないのは過去の満たされてない自分がいるからでもある。

S.T先生

小学校の3年4年と担任をしていた先生

 

私はこの先生に違和感を持っていた

今ならその違和感がハッキリ言える

分かる

 

 

特定のクラスの子に明らか贔屓をしていた

そんで明るいグループの子たちにだけ

その子たちの言うことは聞いてた

 

 

いつも授業が終わって

終わりの会に

得意のギターで歌を皆でうたおう!

と歌わせていて

私はそれが何の意味があるのか

未だに分からなかった

 

 

一致団結

熱血

いい先生

 

 

どこが?

 

 

牛乳を飲むと酔っ払う設定で

給食は班で食べて

毎日交代で班の机で一緒に食べてた

 

 

初恋の人は皆じゅんこさんで

どうでもいい話しを聞かされてた

 

クラスの可愛い女の子たち

クラスの明るいグループの子たちに冷やかされるのを嬉しそうに

 

 

 

授業中に遊んでたおもちゃを取り上げて

謝りに行ったのに

返してくれませんでしたね

あれ捨てたんでしょうね

 

 

 

私が作文を書いて

賞をとったとき

作文の中の単語の意味を聞いてきて

私が答えられなかったら

辞書で調べろと

休み時間中

ずーっと調べさせられて

結局分からなかった事に怒ってましたね

 

 

 

 

 

 

先生

まだ生きてんですか?

 

 

先生でも人間で

好きな生徒嫌いな生徒がいて

聖人君子でないことは

いい加減分かってきたけど

でもあの頃のあなたは

明らかいい人間を演じてる所が

違和感だった

大嫌いだった

 

 

滲み出てる

悪い人間なのを

必死に隠して

私達から純粋さを奪ってく

醜い人間だったってこと

今なら違和感の理由が分かります

 

 

 

先生に何にも期待なんてしないほうがいい

虐められてる小学生がいたら

逃げろ

 

 

 

 

月経前不快症候群

gendai.ismedia.jp/articles/-/549…

すんげぇな…すんげぇわ。生理は隠したい女もいるし、うえって思う男もいる。生理のナプキン売ってくれって男も出会い系サイトにいた。生理に対する思いは色々複雑過ぎて難しい。生理が原因で鬱なったようなもんだもんなあわいは…。月経前不快症候群だと休めないから鬱認定。

 

仕事休みがちで、手帳に記入してたけど見事に生理前だった。でも、生理休暇なんてもらえないし。しかも生理中ではないし、前だし。生理中のがまだメンタルスッキリなんだぜ。会社に生理休暇貰いたかったけど、前例がないって却下されたしなあ…。まあね、販売という不規則な仕事してきて生理が重くなって身体が悲鳴上げて結果鬱休職なったんでしょう。ええ。

生きたい死にたい

生きたいと思う人の気持ちは後押しして

死にたいと思う人の気持ちは引き留めて

とめはしないけどせめて何故その道を選ぶのか聞いてあげる人がいたらきっと

失うことがなかった生もあったかもしれないのに

河辺の東急で幸せは、買える

 

 

河辺の東急へ父と母が行った時

お前の服を見るか?

父が言って
母の服を見に行ったそうで

私が勧めたお店に行って


◯◯←私の名前
も此処で買ってるんだよ(^ω^)
と母が言ったら
父が


え?


驚いていたらしく

 

 

 

元々販売の仕事を反対していて
格好ばっかり付けてるな!

父には嫌味を言われてきた
販売の仕事は暗に馬鹿にされているのは知ってたけど
それでも
伊勢丹で働き
父のプレゼントは大体都会で買って
それを着てる父を見るのが好きだった


子どもの頃は
子ども達でお金を出し合って買った服なんて着なかった
酷い父親と思ってたけど

 

 

実際
自分の服好きは父親譲りと思ってる
買い物は新宿のデパートでしか買ってなかったし
バーバリーのトレンチを数着持ち
三陽商会の服ばかり持ってるのを知ったのは
伊勢丹で働くようになって
プレゼントの参考にと
父のクローゼットに入ってる服のタグを母に見せて貰った時に知った

 

 

 


なんやかや
最終的にセンスを認めてくれてたから
東急で服を買ってると言った時
驚いたみたい


でも最近思うのはさ
結局着てる人間がしゃんとしてれば
値段なんて分かりゃしないし
大体最近着てる仕事用の服なんて
トータル1万しない事もある
それでも
職場の人に

それどこの?
って聞かれて
値段を答えるのが楽しかったり

 

 

 


お金あれば
もっと欲しい服のブランドだってそれはあるけど…確かに…

キリがない

 


前は1着3万の服なんてザラだった
でも今思うと
狂ってたんじゃないかなあとも思う

 

 


高いものも
安いものも
欲しいと思ったら買える事が幸せと思うけど

 

 

 

 

母に東急で上着を買って貰った
子どもの頃は家から出られなくて
自由に使えるお金もなくて
欲しいものも欲しいと言えなくて
母も私も苦しかった


母は買ってあげたくても買ってあげられなかったし
私も欲しいとも言えず
欲しい物は身体を売ってでも手に入れてきた

 

 

東急で幸せは買える

 




原因はそれだけじゃねえだろ

創価学会員だから

偏見があって出会いがない

コンプレックス

 

 

的な事を言ってたけど…

それは違うと思った

 

別に批判する訳でもないし

差別でもないけど、婚活パーティーで知り合って2回目の方が2回目のデートで創価学会と知った

 

それが引っかかるんじゃなくて、それを上回る魅力が感じられなかったから3次面接まで行けるけど、やっぱり断ろうかなと

 

 

 

断られるのは辛いけど断るのも辛い

超短期間だけどしんどかた

 

 

何か別の要因で自分は結婚出来ないんだ

って

根本的なとこを見てない人はちと無理